alt=JPEG
 

技術

◆SRM/MRM法を使ったタンパク定量の原理
◆In Silico選択法に基づき設計したペプチドの優位性
◆In Silicoペプチド設計法を用いた標的タンパク質の絞り込み
◆技術の応用展開性


<SRM/MRM法を使ったタンパク定量の原理>
alt=JPEG






<In Silico選択法に基づき設計したペプチドの優位性>
(市販ヒト肝ミクロゾーム中の薬物代謝酵素タンパク質の定量への応用)
alt=JPEG





<In Silicoペプチド設計法を用いた標的タンパク質の絞り込み>

alt=JPEG













<技術の応用展
開性>

alt=JPEG













創薬科学・臨床診断:  細胞膜輸送担体、酸素、チャネル、受容体などの定量分析、癌の薬剤耐性や薬剤感受性の診断法。有効な臨床試験を実施するためのバイオマーカー探索。


発酵技術への応用:  生産効率を左右するたんぱく定量解析に基づく発行条件の改良。

ヒト組織細胞の品質管理への対応:  医薬品開発に利用されるヒト組織・細胞がインタクトの組織・細胞にどれだけ似ているかの品質管理。

再生医療への応用:  重要タンパクの定量解析によって分化した肝細胞がヒトの臓器にどれくらい近いか、評価可能。



以下のようなタンパク質検出、定量でお困りの方はご相談ください。

  • 特異的抗体がなく標的タンパク質の検出ができない。
  • 検出を迅速に行いたいが、抗体調製は時間がかかる。
  • タンパク質の定量を正確に行いたい。
  • 10種類のタンパク質の同時定量解析を行いたい。

以下の特徴を持つ新しいタンパク質定量システムの研究開発をいたします。

  • アミノ酸配列情報からタンパク質定量系を構築します。
  • 標的タンパク質の絶対発現量を高精度で定量します。
  • 37種類のタンパク質の同定定量が可能です。